レロイ・サネのレベマ能力値とスキルまとめ【ウイイレアプリ2019】

レロイ・サネ

ウイイレアプリ攻略のDigital Halftime へようこそ!

超リアル本格サッカーゲームのウイイレ – ウイニングイレブンで勝利するには、各選手の能力に応じた適材適所なポジション配置と選手の育成が大切。

好きな選手を育成して、もっと強い対戦相手との試合に選抜した11人で勝つ。これこそがウイイレの醍醐味かと思います。

今回紹介する選手は、ドイツ代表でマンチェスター・シティ所属の黒玉レロイ・サネ選手です。プレースタイル、レベル別、レベルマックス能力値、スキルや確定スカウト方法などをご紹介します。

ウイイレアプリを最大限に楽しむため、獲得した選手の能力値・適正、レベル育成の伸び幅を把握しながらゲームプレーを戦略的に進めていきましょう。

サネ選手を獲得して育成中の方、これから獲得を狙っている方も参考にどうぞ!

スポンサーリンク


ウイイレアプリ2020
新機能フィネスドリブルの活用術を徹底解説

レロイ・サネ選手の基本情報

レロイ・サネ 選手情報

選手名 レロイ・サネ
国籍 ドイツ
ポジション LWG
利き足 左足
身長/体重 183cm/75kg
年齢 22
レベル上限 Lv.58
総合値レベル1 77
総合値レベル30 85
総合値レベルマックス 93
所属リーグ イングランドリーグ
所属チーム(ウイイレ) マンブルー
所属チーム(公式) マンチェスター・シティ
プレースタイル ウイングストライカー

全く同じ選手をトレーナーにして飛躍的にレベルを上げる以外にも、育成したい選手とポジションと国籍が同じトレーナーであれば、経験値が通常より増えやすくなり、効率的にレベルアップを行えます。

トレーナーに転身させる選手と育成する選手のポジションと国籍には注目しておきましょう。

レロイ・サネ選手のポジションとプレースタイル

サッカーはチームスポーツ。

能力値も重要ですが、各選手のプレースタイルや利き足なども考慮してポジション配置を行い、戦略的にチーム全体のバランスを考えてスカッドを組み立てるのもウイイレの楽しみのひとつ。

サネ選手の利き足は右足で、プレースタイルは「ウイングストライカー」です。

ウイングストライカーサイドのタッチライン際でパスを待ち、中のスペースへの切り込むような飛び出しを積極的に狙います。

利き足は右、right foot
黄色のポジションでプレースタイルが発動します。

レロイ・サネ選手のレベル別、レベルマックス能力値

レベル(成長値上限) LV1 LV30 LV58 成長値
総合値 77 85 93 16
オフェンスセンス 73 78 83 10
ボールコントロール 81 86 91 10
ドリブル 84 89 94 10
グラウンダーパス 72 77 81 9
フライパス 76 81 86 10
決定力 75 80 84 9
プレースキック 65 70 75 10
カーブ 71 75 79 8
ヘディング 66 70 74 8
ディフェンスセンス 40 42 47 7
ボール奪取 40 42 47 7
キック力 76 81 86 10
スピード 90 95 99 9
瞬発力 88 92 96 8
ボディコントロール 85 90 95 10
フィジカルコンタクト 65 70 75 10
ジャンプ 55 60 64 9
GKセンス 40 40 40 0
キャッチング 40 40 40 0
クリアリング 40 40 40 0
コラプシング 40 40 40 0
ディフレクティング 40 40 40 0
スタミナ 75 80 85 10
逆足頻度 2 2 2 0
逆足精度 2 2 2 0
コンディション安定度 5 5 5 0
ケガ耐性 2 2 2 0

レロイ・サネの選手スキル

  • シザーズ
  • 軸裏ターン
  • 足裏コントロール
  • コントロールカーブ
  • ワンタッチシュート
  • ワンタッチパス
  • ピンポイントクロス
  • アウトスピンキック
  • マリーシア
  • スーパーサブ

選手スキル一覧・各スキルの説明

レロイ・サネの確定スカウト組み合わせ

全て星5つのスカウトが必要。

レアリティ:5

確定スカウトその1
マンブルー + LWG + 攻撃エリア(サイド)

確定スカウトその2
マンブルー + LWG + ワンタッチパス

確定スカウトその3
マンブルー + LWG + 足裏コントロール

こちら以外の組み合わせも存在しますので都度ご確認ください。

レロイ・サネの動画

キングダム55巻が今すぐ無料で読める

U-NEXTの無料体験で好きな新刊1冊がタダ読みできるキャンペーンを実施中!
キングダム最新55巻など人気漫画の
最新刊が今すぐ無料で読めます。